三陸漁師のオイスターバー Ostra de ole

さんりくりょうしのオイスターバー オストラデオーレ
三陸漁師のオイスターバー Ostra de ole
大粒のカキ2個分を生ハムで巻いて1つにまとめ、フライにした「生ハムに巻かれたカキフライ」。衣も美味。
カキを熟知した
三陸漁師のオイスターバー
水産業の6次化を実践している、石巻市雄勝町の漁師がオーナーを務めるオイスターバー。店舗運営会社『海遊』が操業する雄勝湾は、世界三大漁場である三陸沖に面した牡鹿半島北側に位置しており、湾内には山々から養分を含んだ大量の湧き水が流れ込み、ミネラルをたっぷり含んだ海水が魚介を豊かに成長させている。
 店舗には、朝に水揚げされたばかりのカキやホタテ、ムール貝、鮮魚などが三陸の漁師仲間達との連携によって当日中に自社便で直送。自慢のカキは、東松島市東名、石巻市荻浜、石巻市牧浜、石巻市長面浦、石巻市雄勝町といった浜からそれぞれの旬に合わせて出荷され、通年でカキ本来の美味しさが味わえる。中でもブランド牡蠣として商標登録されている石巻市雄勝町産のカキは、4年以上漁場で大切に育てた280gを超える特大サイズの「夢牡蠣」、クリーミーな味わいが魅力の一年貝「First Love」など、味だけでなく親しみやすいネーミングの工夫も光る。
 カキと相性の良い酒を厳選する中でも、漁師ならではのオリジナル海賊酒「パイレーツワイン 海賊酒」「海ノ蔵 海賊酒」などがおすすめ。ワインボトルと4合瓶を雄勝海域の水深25m以上の深い場所で10週間以上も貯蔵するという独自の貯蔵方法により、まろやかな口当たりと貴重な風味が楽しめる。
  • 三陸漁師のオイスターバー Ostra de ole 画像01
    海の上から店舗までの配送は徹底した鮮度管理を行う。店頭のショーケースには獲れたてのカキが産地ごとに並ぶ。
  • 三陸漁師のオイスターバー Ostra de ole 画像02
    雄勝産カキの旬は4月から9月。クリーミーで味の濃い「First Love」は雄勝の新たなブランド牡蠣。
  • 三陸漁師のオイスターバー Ostra de ole 画像03
    カキは、県が定める検査に加え、より精度の高い日本微生物研究所にも検査を依頼するなど、定期的な検査を実施。
  • 三陸漁師のオイスターバー Ostra de ole 画像04
    店舗は広瀬通から国分町通の入口に面した好立地。スタイリッシュな内装で女性客の利用も多い。

まだまだ伝えたい
雄勝の魅力

顔写真
石巻市雄勝町は全国的にも有名な雄勝石の産地です。仮設商店街から本設された「おがつ店こ屋街」では、雄勝石皿などを直売する雄勝硯生産販売協同組合をはじめ、海産物店や寿司屋など11店舗が営業しています。(スタッフ/橋本 圭司さん)
住所 仙台市青葉区国分町2-1-3エーラクフレンディアビル1F
電話番号022-796-7579
営業時間17:00~翌1:00
定休日無休
駐車場なし
席数30席
目安3,500円
カード
喫煙喫煙可
https://www.kai-you.in/

ページトップへ