レストラン セレニティ

レストラン セレニティ
福島県伊達市の地鶏を使った「伊達鶏のコンフィ赤ワイン煮込み」。幾重もの味を丹念に重ねたソースはフレンチの真骨頂。
フレンチの技法で引き出す
東北食材の魅力
日本料理の『はや瀬』、西洋料理の『レストラン セレニティ』、中国料理の『桃李』などのレストランを有し、東北のゲートウェイホテルとして、仙台を訪れる観光客やビジネスマン、地元客に至るまで、ホテルクオリティの味を30年以上に渡り提供してきた『ホテルメトロポリタン仙台』。地域に根ざしたホテルとして、レストランでは使用食材の地産地消を推進。宮城・東北の生産者と共に、地域活性化こそ果たすべき役割であるというコンセプトを掲げている。シェフとスタッフは自ら産地へと足を運び、田植えや稲刈りなどの援農を行うほか、仙台市若林区荒井の自社農園では6次産業化に繋がる支援策として、食材加工のアイディア提供やレシピ開発に取り組むなど、積極的な地域連携を重視している。
 『レストラン セレニティ』は、2019年2月にリニューアルオープン。
〝仙台フレンチ〟をテーマに、これまで培ってきた地域とのつながりを活かし、宮城をはじめとする東北産の食材を用いて、本場フランスの正統派スタイルに東北の豊かな食文化を融合させたメニューを提供している。ディナーコースは、月替りの「セレニティディナー」と通年の「プリフィクスディナー」が楽しめ、「プリフィクスディナー」では、バラエティに富んだ前菜12品に加え旬の東北産の幸を贅沢に使った魚・肉料理12品から好みのメニューを自由に選んで味わえる。
  • レストラン セレニティ 画像01
    宮城や東北の食材にこだわるからこそ、ソムリエは地元ワインを組み合わせたマリアージュも提案している。
  • レストラン セレニティ 画像02
    上質な時間を演出する店内。個室が2室、完全個室の32名まで利用可能なパーティースペースが新たに誕生。
  • レストラン セレニティ 画像03
    山形県最上地区の舟形マッシュルームや、白石市竹鶏ファームの卵と山形の蕎麦粉を使用したガレットなど、表現は多彩。

まだまだ伝えたい
東北の魅力

顔写真
“仙台フレンチ”は、『ホテルメトロポリタン仙台』が培ってきた東北の生産者との繋がりを大切に、食材の魅力を最大に引き出したガストロノミーです。インバウンドで訪れたお客様にも東北食材の魅力を広く伝えていきたいと思っています。(シェフ/小畑 圭介さん)
住所 仙台市青葉区中央1-1-1ホテルメトロポリタン仙台 2F
電話番号022-267-2104
営業時間モーニング6:30~10:00、ランチ11:00~14:30ラストオーダー、ティータイム14:30~16:00、ディナー17:00~21:30(ラストオーダー21:00)
定休日無休
駐車場70台
席数114席
目安ランチ 2,700円〜、
ディナー 5,000円〜
カード
喫煙全席禁煙
https://sendai.metropolitan.jp

ページトップへ