和酒バル 二喬/NIKYO

わしゅバル にきょう
和酒バル 二喬/NIKYO
登米の有機栽培農家・「おかやち農園のジャガイモの酒盗焼き」(500円・税込)、新澤酒造店とコラボした「酒場の純米大吟醸」(グラス・800円・税込)。
東北の日本酒と
日本ワインの独自性を楽しむ
仙台に市電が走っていた頃の面影を残しながら、老舗と新進の店が寄り添い交じり合って魅力的な横丁を成している仙台浅草。その中ほどに『二喬/NIKYO』はある。店主の小林龍星さんが自ら蔵元を訪ね、その味わいと信念に共鳴した国内の日本酒と日本ワインだけを厳選したバルだ。日本酒への再評価も大いに高まり、数々のワイナリーがオープンした東北の地酒活況の中で、小林さんは「風土とともにある酒を応援したい」という。
 「日本酒も日本ワインも、その土地の水や土、空気、そして造る人のバックボーンを映すことが、かけがえのない個性のひとつだと思っています」
 そんな東北の酒たるプライドを有した酒を、やはりここ東北ならではの酒肴とのペアリングで愉しめるのがこの店の魅力だ。たとえば、『二喬』を含む3軒の〝酒場〟が「自分たちが酒場に行きたくなる味わい」をテーマにコラボして生み出した限定醸造酒「酒場の純米大吟醸」には、おかやち農園のジャガイモの酒盗焼きを。純米大吟醸のぱっきりと華やかな味わいが、酒盗のコク、ガレット状のジャガイモの香ばしさを包み込む。了美ヴィンヤード&ワイナリー「ルージュ・アサンブレ」には、宮城県産カテキン豚の「モチモチギョーザ」を。豚の甘い脂身の香りが赤い果実のアロマでより膨らみ、しっかりしたタンニンが余韻を長く楽しませる。
「ワイン用ぶどうも自社栽培に取り組む蔵が増えました。品種も、日本、そして東北のアイデンティティを大切にした品種栽培に注目しています」
  • 和酒バル 二喬/NIKYO 画像01
    ワイン塩とハーブミックスオイルを添えた「モチモチギョーザ」(800円・税込)、了美ヴィンヤード&ワイナリー「ルージュ・アサンブレ」(グラス・800円・税込)。
  • 和酒バル 二喬/NIKYO 画像02
    秋保ワイナリー、エーデルワイン、南三陸ワイナリー、ウッディファーム&ワイナリー、朝日町ワイン、農楽蔵など、誠実な東北・北海道のワインをピックアップ。
  • 和酒バル 二喬/NIKYO 画像03
    日本酒・ワインともに東北産は全体の3~4割。徹底した品質管理のセラーから、その日その時期に飲み頃を迎えたボトルを抜栓してグラスにて提供。
  • 和酒バル 二喬/NIKYO 画像04
    磯自慢酒造、山和酒造店、新澤酒造店などのスタンダードはもちろん、各蔵の旬酒や小布施ワイナリーが本気で醸した日本酒なども揃う。

まだまだ伝えたい
東北の魅力

顔写真
七ツ森の山々を一望する小高い丘に立つ『了美ヴィンヤード&ワイナリー』。丘には様々な品種のブドウが育ち、石造りのカーヴではワインが静かに熟成されています。2019年冬にはレストランもオープン予定だそうです。(店主/小林 龍星さん)
住所 仙台市青葉区昭和町5-55 仙台浅草内
電話番号022-728-2033
営業時間19:00~22:30ラストオーダー、日曜13:00~17:00ラストオーダー
定休日不定休
駐車場なし
席数14席
目安3,800円
カード不可
喫煙全席禁煙
http://nikyo.net/

ページトップへ