いたがき本店

いたがきほんてん
いたがき本店
定番のロールケーキは季節ごとに7種類の果物を使用。甘さ控えめの生クリームとカスタードが織りなす上品な味わい。
季節の旬を食卓へ届ける
老舗の青果専門店
〝くだものはいたがき〟の愛称で親しまれ、明治30年から120年に渡り仙台市民から広く親しまれてきた老舗の青果物専門店。宮城県内はもとより、東北各県や北海道、九州までの産地や生産者をくまなく訪ね歩き、全国のJAや栽培農家と深い信頼関係を築きあげてきた歴史を持つ。安全安心で栄養価が高い果物や野菜を提供し続けていくために、果実が一番美味しく食べられる旬にあわせた出荷時期の調整や、宮城、山形、福島など近隣の契約農家と共に青果や野菜を共同で栽培するなど、消費者の食卓を守る丁寧な仕事を心がけている。青果店として店舗を構えるのみならず、大型商業施設や百貨店内でも、野菜販売コーナー、スイーツショップ、フルーツカフェ、ジューススタンドバー等を運営。仙台市と福島市を合わせて19店舗を展開している。
 JR仙台駅東口から徒歩8分の距離にある『いたがき本店』では、販売スペースにフルーツカフェを併設。厳選された贈答用の高級青果や日常の食卓に上る果物、ドライフルーツやナッツ類に加えて、新鮮なフルーツを使用したスイーツ、原材料からこだわった焼き菓子などの商品を多数取り揃える。また、カフェスペースでは、食べ頃の果実を使ったパフェやサンデー、野菜をたっぷりと使用したランチメニューやミックスサンドなどが楽しめる。フルーツの香りに包まれる空間の中、旬の味覚をその場で味わいながら、贅沢なひとときが過ごせる。
  • いたがき本店 画像01
    「ヴィアンドランチ」の網焼きソーセージとベーコンは完全無添加。富谷市にある工房『コブレンツ』の商品を使用している。
  • いたがき本店 画像02
    ノスタルジックな雰囲気も魅力の「プリンアラモード」。プリンは手作りで卵本来の味がする蔵王地養卵を使用。
  • いたがき本店 画像03
    広々とした販売スペース。テーブルや椅子も置かれ、ベビーカーや車椅子での買い物にも対応している。

まだまだ伝えたい
東北の魅力

顔写真
宮城県のオリジナル品種のイチゴ「もういっこ」「にこにこベリー」は、東松島市で栽培されたものを使用。東松島市の矢本地区はブルーインパルスのお膝元でもあるので、仙台から足を延ばすのにもおすすめですよ。(カフェ チーフ/小泉 夏美さん)
住所 仙台市宮城野区二十人町300-1
電話番号022-291-1221
営業時間9:00~19:00
(土・日曜、祝日~18:30)
※ラストオーダー各30分前
定休日無休
駐車場12台
席数22席
目安1000円~
カード
喫煙全席禁煙
http://www.itagaki-jp.com

ページトップへ