Gelateria Natu-Lino

じぇらてりあ なちゅりの
Gelateria Natu-Lino
ショーケースに並ぶフレーバーは18種類。週末限定で登場するものもあるので、お楽しみに。
ジェラートで味わって知る
宮城の美味しい恵み
 ジェラートショップ『Natu-Lino』の1日は、色麻町にある「小松牧場」に採れたての新鮮な生乳を受け取りに行くところから始まる。この牧場では牛が口にする水や飼料、牛舎の環境に心を配り、一頭一頭の健康管理を徹底。さらに搾乳するのではなく、牛にストレスを感じさせない“採乳方式”を採用することで、濃厚で甘みのある良質な生乳が採れるという。このこだわりの生乳が『Natu-Lino』の味を支えているのだ。
さらにそこに加えられる野菜や果物も、地元の生産者が大切に育てたものばかり。イチゴや米のほか、名取のクールボジャメロンや丸森の秘伝豆、蔵王のキウイや山元の柚子など、宮城で生産されていたことを初めて知るものも多い。まさに“生産者が育む地域の恵みを、ジェラートを通して発信する店”を体現している。
 素材の旬や天候にも左右されるため、ショーケースの中のフレーバーは流動的。常に新しい味を模索しているので、何度訪れてもジェラート選びが楽しく、店は連日大盛況だ。さらに定番のミルクも夏はさっぱり、冬は甘さが際立つため、季節によって微妙な味の変化が楽しめるのも面白い。冷たいものを欲する夏を過ぎても、秋に旬を迎える野菜や果物のジェラートが気になるところ。実は一番ジェラートが濃厚に感じられる季節は冬だと聞けば、足を運ぶしかない。
  • Gelateria Natu-Lino 画像01
    テイクアウトはもちろん、イートインもOK。ジェラートのほか、旬のフルーツたっぷりのパフェも人気だ。
  • Gelateria Natu-Lino 画像02
    4号線バイパスからすぐ。冬場も暖炉のおかげで暖かいので、テラス席でゆったり過ごすことができる。
  • Gelateria Natu-Lino 画像03
    『Natu-Lino』の味を支える生産者のみなさん。新しい食材や意外な産地を知ることができるのも、この店の醍醐味。

まだまだ伝えたい
宮城の魅力

顔写真
名取をはじめ宮城には、まだまだ知られていない美味しい食材がたくさん眠っています。スーパーには並ばないものもあるので、『Natu-Lino』で出合った気になる食材は、ぜひ現地に足を運んで味わってみてください。(スタッフ/室井美織里さん)
住所 名取市飯野坂字南沖93-1
電話番号022-397-8235
営業時間11:00~17:00
定休日木曜(祝日の場合は営業)
駐車場10台
席数26席
カード不可
喫煙全席禁煙
http://www.natu-lino.jp/

ページトップへ