浦霞醸造元 佐浦

うらかすみじょうぞうもと さうら
浦霞醸造元 佐浦
日本三景松島にもほど近く、豊かな海の幸に恵まれた風土で育まれた「浦霞」がやっぱり魚料理とよく合うという。
享保9年創業の老舗が紡ぐ
日本酒の味わいを堪能したい
 2000年にも及ぶ長い歴史と風土によって育まれてきた日本酒。御神酒や振舞い酒など、日本酒にまつわる文化は、今も私たちの生活の中に息づいている。『浦霞醸造元 佐浦』は、1000年以上の歴史を有する塩竈神社の御神酒酒屋として享保9年(1724年)に創業。以来、「本物の酒を丁寧に造って、丁寧に売る」を基本理念とし、じっくりと心をこめて醸した高品質の日本酒を世に送り出している。日本酒造りに関しては米の出来に始まり、麹や水の状態、1年を通じて酒を育んでいく気候など、2度と同じ条件はないだけに、「酒造りは毎年毎年が1年生」というたゆまぬ努力と熱い想いが紡がれている。老舗の名にふさわしい矜持と共に造られている酒は、ほどよい香りとやわらかな味わいのバランスがとれており、食中酒に最適な同社を代表する逸品「純米吟醸 浦霞膳」を筆頭とし、昭和60年(1985年)に日本醸造協会に吟醸酵母として登録された同社発祥の「きょうかい12号酵母」を復活させた「純米吟醸酒 浦霞 No.12」、豊かな自然のもと塩釜市で唯一稲作を手掛けている寒風沢(さぶさわ)島で育てられたササニシキを100%使用して醸している「純米吟醸酒 浦霞 寒風沢」などを生産。また、実りの秋の旬の食材とともに季節感を楽しむ「ひやおろし 浦霞」などの季節限定酒や、仙台に本拠地を置くプロスポーツ球団とコラボした「浦霞仙台プロスポーツ応援セット」、バンダイナムコとコラボした「神酒ノ尊」等のコラボ商品も展開している。本社に併設された「浦霞 酒ギャラリー」では、浦霞のオリジナルお猪口を購入すると、3種類の日本酒を味わえるサービスも実施している。塩竈が世界に誇る老舗の日本酒に酔いしれてほしい。
  • 浦霞醸造元 佐浦 画像01
    300円で浦霞オリジナルお猪口を買うと、月替わりのお酒で3種類のきき酒が楽しめる。
  • 浦霞醸造元 佐浦 画像02
    がんばる浦戸のかあちゃん会のお母さんたちが作った「カキの佃煮」や「生のり佃煮」などのほか、県内在住の作家の手による酒器などが売られている。
  • 浦霞醸造元 佐浦 画像03
    江戸末期から明治初年に建ったとされる蔵。酒銘「浦霞」は鎌倉時代の武将であり、歌人としても知られる源実朝が詠んだ歌に由来している。

まだまだ伝えたい
東北の魅力

顔写真
弊社のお酒は食中酒として最適です。ゆず酒や梅酒など日本酒ベースのリキュールもあります。お料理をより美味しくする飲み方を探しながら楽しんでください。(肩書き/高橋美保さん)
住所 宮城県塩竈市本町2-19
電話番号022-362-4165
営業時間10:00~17:00
定休日日曜
駐車場6台
カード
http://www.urakasumi.com/

ページトップへ