旬楽処 笑

しゅんらくどころ にこ
旬楽処 笑
「馬刺し盛り合わせ」(2,500円・税込)は日替りで3~4種類の部位が並ぶ。写真はモモ、タテガミ、ハツ、たたき。
会津ブランド馬刺し×日本酒で
とびきりの美酒佳肴に酔う
 宮城県庁の裏手、飲食店が軒を連ねる路地に店を構え、ひとり飲みから宴会まで美酒佳肴を楽しめる『旬楽処 笑』。福島県伊達市出身の店主・佐藤 孝二郎さんが切り盛りする店の看板料理は、会津ブランド認定の馬刺しだ。会津坂下の精肉店から直送される馬肉はきめが細かく、さっぱりとした口当たりの中にしっかりした旨みをたたえている。「馬刺し盛り合わせ」をオーダーすれば、その日おすすめの部位3~4種類が盛り付けられ、部位ごとに異なる歯応えや味わいを満喫できる。会津流に味わうなら、ニンニクの効いた特製辛子味噌ダレをつけて食べるのがおすすめ。馬刺しのほかに、ユッケや串焼き、希少部位オビを使った「桜オビすき焼き」(1人前1,500円・税込)もあり、多彩な馬肉料理に出合える。
 そして馬刺しとともに人気を集めるのが福島県産の銘柄鶏「伊達鶏」を使った一品。濃厚な旨みを持ち、火を通しても肉質が硬くならないのが特徴で、シンプルな塩焼きをはじめ、竜田揚げ、水炊きなどさまざまな調理で楽しめる。
 「会津の日本酒ならフルーティーでほんのり甘めのものを軸に選び、さらにすっきりタイプ、辛口タイプを仕入れています」と店主。会津のみならず、宮城や全国各地の日本酒を吟味して仕入れており、レアな銘柄や季節限定酒も登場する。ここでは福島・会津の旨い料理に舌鼓を打ちながら、自分好みの日本酒を探すのも楽しそうだ。
  • 旬楽処 笑 画像01
    塩胡椒のみというシンプルな味付けが伊達鶏のおいしさを際立たせる「伊達鶏の塩焼き」(890円・税込)。
  • 旬楽処 笑 画像02
    「寫楽」「泉川」「飛露喜」「花泉」など会津の日本酒も豊富。秋のひやおろしや冬の新酒など季節限定酒との出合いも楽しみの一つ。
  • 旬楽処 笑 画像03
    カウンター、テーブル席のほかに座敷席もある。料理3品+飲み物1杯が付く晩酌セット(1,800円・税込)もちょい飲み派に人気。

まだまだ伝えたい
会津の魅力

顔写真
会津には馬肉料理のほかにもこづゆ、わっぱ飯、ニシンの山椒漬け、ニシンやスルメ、まんじゅうの天ぷらなどたくさんの郷土料理があります。何度訪れても発見がありますので、ぜひ会津の奥深い食文化と歴史に触れてみてください。(店主/佐藤 孝二郎さん)
住所 仙台市青葉区上杉1-7-34 鈴木ビル1F
電話番号022-211-4332
営業時間11:30~14:30(ラストオーダー14:00)、17:00~23:00(ラストオーダー22:30)※土曜は夜のみ営業
定休日日曜、祝日
駐車場なし
席数34席
目安昼900円、夜4500円
カード夜のみ可
喫煙全席禁煙

ページトップへ