鐘崎 笹かま館

かねざき ささかまかん
鐘崎 笹かま館
鐘崎の笹かまぼこの代名詞となっている「大漁旗」のほか、優しい味わいの「かねささ」、仙台土産の新定番として人気の「伊達揚げ」、鐘が自信をもっておすすめする100種類以上の商品が並ぶ。
魚本来の美味しさを追求
手づくり体験教室も実施
 杜の都、仙台の名産品として長きにわたり愛されている「笹かまぼこ」。製造・販売を手掛けている店舗は少なくないが、その中にあって名店の誉れ高いのが1947年(昭和22年)創業の『鐘崎』。同社では、より自然に近く体に優しい「笹かまぼこ」をつくるため、職人自らが世界各地に足を運び、原材料となるすり身を吟味。「お魚本来の美味しさを楽しんでほしい」という思いから、保存料・化学調味料・でんぷん・卵白を使わない、自然素材にこだわった「笹かまぼこ」づくりを実践している。さらに、魚本来の旨みを表現するため、独自の製造工程に磨きをかけることで、大きさと厚みを実現。看板商品の「大漁旗」を始め、食べ応えのある「笹かまぼこ」を生みだしている。そんな同社の「笹かまぼこ」づくりに触れられるほか、仙台の食や文化を次世代に継承するための施設として1989年(平成元年)にオープンしたのが『鐘崎 笹かま館』だ。「鐘崎ショップ」では、隣接する本社工場で作られた「笹かまぼこ」を中心に、職人が1枚ずつ丁寧に焼き上げた同社の「牛たん」など、仙台・宮城を彩る名産品を販売。「笹かまぼこをご自宅で食べるときはトースターやフライパンで軽く炙ると、香りたち、ぷっくらして美味しいですよ」と営業部事業推進チームの渡邉志織さんは笑顔を浮かべる。また、「杜のこんだてCafé」では、すり身を基本としたヘルシーなカフエご飯や、すり身をドーナッツにした魚―ナッツが入っている「元祖SASAそふと」を味わえるほか、「政宗公乃食卓」(予約制)では、みちのくの郷土料理を会席で提供。自らの手で成型から焼き上げまで楽しめる「笹かま手作り体験教室」も実施している。
  • 鐘崎 笹かま館 画像01
    メインのすり身入りガレットのほか、季節のココットやサラダ、デザートなど全10品の料理が並ぶ「旬のお野菜ガレットと鯛だしごはんの特製プレートランチ」(1,350円・税込)。
  • 鐘崎 笹かま館 画像02
    「地元のお客さまに気軽に楽しんでほしい」という思いから2019年に新設された「杜のこんだてCafé」。ほっとひと息つくのにぴったりのスポット。
  • 鐘崎 笹かま館 画像03
    風流な吹き流しが飾られている「七夕ミュージアム」。七夕の歴史を聞きながらミニ七夕飾りを手作り体験(要予約、1~4名。1人1,500円)することもできる。

まだまだ伝えたい
東北の魅力

顔写真
専用のグリルで笹かまぼこを焼き上げる「ぷっくら焼きコーナー」は予約なしでもご利用いただけます。未就学のお子さまも保護者の方と一緒に楽しめますよ。(笹かま館チーム/村山奈津弥さん)
住所 仙台市若林区鶴代町6-65
電話番号022-238-7170
営業時間9:30~18:00
定休日不定休
駐車場28台
カード
https://www.kanezaki.co.jp/

ページトップへ