清川屋 仙台泉パークタウンTapio店

きよかわや せんだいいずみパークタウン タピオてん
清川屋 仙台泉パークタウンTapio店
豆感を楽しめるよう粗さ加減を追求しただだちゃ豆餡をふっくらもちもちした食感の皮が包み込む「元祖白山だだちゃまんじゅう」。フレッシュバターの香り豊かな「だだっパイ」ともに人気。
だだちゃ豆などを素材とする
山形の旨い物が勢揃い
 1666年(寛文6年)に「茶屋勘右衛門」と名乗り創業。幕末の1850年代に名称変更して以来、令和の現在に至るまで老舗として伝統を紡いでいる『清川屋』。お土産店として歴史を刻み始めたのは1931年(昭和6年)。以来、製造や通信販売など事業の幅を広げ、2020年(令和2年)8月末現在、山形県内に10店舗、宮城県内に1店舗の計11店舗を展開している。「地元のお客様に支持され地域貢献のできる企業」「地域の素材を生かしたオリジナル特産品を創る」「地域の宝物を磨き、より多くの人へ伝える企業」を企業理念とする同社は、特産品文化創造企業を名乗り、地域の特産物に地域の文化と贈る真心を込めて、新しい価値を創造。本社を置く鶴岡市の名産品として知られる濃厚な味わいの“だだちゃ豆”などを素材とする新たな特産品を次々と生みだし、数多の人たちに山形の美味しい味わいを届けている。
 2009年(平成21年)に山形県外の第1号店としてオープンした「仙台泉パークタウンTapio店」には、だだちゃ豆の風味と上品な甘さを楽しめる「元祖白山だだちゃまんじゅう」を始め、つや姫の米粉入りクッキー生地とチョコレートがハーモニーを奏でる「山形のゆきどけ」、和三盆の甘さが上品な「だだっ子」などの銘菓を中心に、「冷凍特撰だだちゃ豆」や米沢牛を素材とする「清川屋ハンバーグ」など自社ブランド商品が並ぶ。さらに、ラフランスなど山形県名産のフルーツを素材とするジャムや、庄内で穫れた海の幸を素材とする海産物など、内陸から沿岸部まで山形県内の旨い物が勢揃い。収穫時に山形の産地から直接届く「シャインマスカット」や「黄金桃」など旬を味わえる注文販売も受け付けている。
  • 清川屋 仙台泉パークタウンTapio店 画像01
    山形の月に見立ててつくられた「出羽の月」。ヨーロッパの三ツ星レストランを思わせるチーズケーキで、頬張った途端に口中に美味しさがとろけだす。
  • 清川屋 仙台泉パークタウンTapio店 画像02
    ラフランスやサクランボ、木イチゴなど5種類のジャムが揃う。「山形の地酒飲み比べセット」「亀の尾純米大吟醸原酒」など山形の旨い地酒も目白押し。
  • 清川屋 仙台泉パークタウンTapio店 画像03
    「山形の老舗そば」、庄内浜で穫れる「こあみ」で出来た旨味調味料で味つけした「タコのやわらか煮」「いかの塩辛」など種類豊富な商品が迎えてくれる。

まだまだ伝えたい
東北の魅力

顔写真
内陸部ではフルーツがたくさん採れる山形の店舗には、収穫の時季を迎えるとサクランボやラフランスが並びます。色んなお店を周ってみるのも楽しいですよ。(仙台泉パークタウンTapio店店長代理/角濱菜月さん)
住所 仙台市泉区寺岡6-5-1 泉パークタウンタピオ南館1F
電話番号022-777-5911
営業時間10:00~20:00
定休日泉パークタウンタピオに準ずる
駐車場1,000台
カード
http://www.kiyokawaya.co.jp/shop/tapio.html

ページトップへ