農家イタリアン 米屋十米衛

のうかイタリアン こめやじゅうべい
農家イタリアン 米屋十米衛
「鯛と枝豆のリゾット」。季節の食材で仕立てる「金のいぶき」を使ったリゾットは玄米らしいプチプチの歯応えも楽しい。
宮城県産玄米「金のいぶき」が
魅せる伝統のトスカーナ料理
 「宮城は海の物も山の物も、四季を通じて新鮮な食材が手に入ります」と話す廣瀬 竜一シェフ。ハプルブルグ家が経営するフィレンツェの名店『La Giostra』でエグゼクティブシェフを務めた経歴を持つシェフは、宮城県が開発した玄米食向け品種「金のいぶき」や県内の契約農家から届く新鮮野菜など、地元の食材を活かして伝統のトスカーナ料理を紡ぎ出す。「金のいぶき」は一般的な玄米と比べて胚芽部分の大きさが3倍で、栄養価の面でもビタミンEやGABAを豊富に含むのが特徴だ。
 この日メニューに登場した「鯛と枝豆のリゾット」は鯛のふくよかで繊細な旨みと枝豆の爽やかな風味、トマトの程よい酸味が清涼感を演出する一皿。玄米ならではのプチプチとした食感と枝豆のシャキッとした歯応えが軽快なアクセントとなり、噛みしめるほど素材の旨みが口いっぱいに広がる。
 そしてファンが多いというメニューが、牛ネックに黒胡椒を効かせて柔らかくなるまでじっくり煮込んだ「宮城県産黒毛和牛の黒胡椒 赤ワイン煮込み」。10年以上継ぎ足しているという赤ワインソースに牛肉の旨みとコクが溶け出し、濃厚で奥行きのある味わいが楽しめる。シェフの研ぎ澄まされた技を堪能するならコース料理(4,200~10,000円・税別)がおすすめだが、食べたい料理やお腹の空き具合に合わせてオーダーできるアラカルトメニューを楽しむことも可能。世界各国のワインやイタリアビールとともに召し上がれ。
  • 農家イタリアン 米屋十米衛 画像01
    「宮城県産黒毛和牛の黒胡椒 赤ワイン煮込み」(2,000円・税別)は10年以上継ぎ足しながら作る赤ワインソースが味の決め手。
  • 農家イタリアン 米屋十米衛 画像02
    ワインはイタリア産を中心にフランス、アメリカ、チリ、また宮城県産ワインとして秋保ワイナリーのワインを扱う。
  • 農家イタリアン 米屋十米衛 画像03
    「実り」をテーマにした店内はテーブル席のほか、カウンター席、掘りごたつスタイルの個室がある。

まだまだ伝えたい
宮城の魅力

顔写真
豊かな自然に恵まれた宮城は、四季の移り変わりを楽しめるところが魅力です。これからの季節、紅葉狩りを楽しむなら「鳴子峡」に出かけてみてはいかがでしょうか。市中心部から車ですぐ行ける「秋保」の紅葉もおすすめです。(シェフ/廣瀬 竜一さん)
住所 仙台市若林区清水小路5-6(2020年11月に現在地より約150m南方面に移転予定)
電話番号022-281-8455
営業時間11:00~14:00(ラストオーダー14:00)、17:15~22:00(ラストオーダー21:00)
定休日月曜
駐車場なし
席数34席、個室1室(6~12席)
目安昼1,200円~、夜5,000円
カード
喫煙全席禁煙
http://www.igarashi-shoukai.com/komeya/

ページトップへ