Washoku 波紋

ハモン
Washoku 波紋
「会津坂下馬刺し3種盛り合わせ」(2,500円(税別))。美しいピンクは新鮮さの証。伝統の特製辛みそと共に
地場の食材で織りなす
伝統と現代の美しき和
伝統的な和食に、現代的な技法の“波紋”を投じて、新感覚の和を生み出す日本料理店。東北が誇る多彩な山海の幸が味わえる中でも、名物は日本三大馬肉と称えられる「会津場坂下桜刺し」。旨味あふれる馬肉の王様ロース、しっかりとした甘みを感じるタテガミ、歯ごたえの良い希少部位のフタエゴなど、多彩な部位を毎日数量限定で提供している。さらには、短角和牛や登米大泉豚のドライ・エイジングの乾燥熟成肉も評判。ドライ・エイジングとは専用の冷蔵庫で温度0~2℃、湿度80%の状態を作り、常に風を当てながら肉を熟成させる技で、『波紋』では牛は約40日間以上、豚は約14日間以上も寝かせるという。香りと甘みがぎゅっと凝縮され、芳醇な風味をまとったお肉は唯一無二の味わいで、この一品を求めて訪ねるリピーターも数多い。他にも、宮城県特産の仙台せりと青森県産地鶏「シャモロック」、白石蔵王「角田鴨」を合わせた仙台せり鍋や、三陸直送の活きの良い魚介のお造り、土鍋で炊くはらこ飯(期間限定)、松島産のアナゴや唐桑のカキなど、みちのくの旬を豊かにあしらった料理の数々はシンプルな仕立てながら、どれも抜群の存在感。味わいの素晴らしさはもちろん、研ぎ澄まされたような凛々しさをまとうのが『波紋』流の仕立てだ。一つひとつの素材と真摯に向き合い、そのキャラクターを知り尽くした料理人の渾身の技。東北の食材と料理人、伝統と現代。その見事な競演をぜひ、五感で感じてほしい。
  • Washoku 波紋 画像01
    炭塩でいただくドライ・エイジング熟成肉(2,500円(税別)~) 。口中に広がる甘い香りと、赤身とは思えない柔らかな肉質が特徴
  • Washoku 波紋 画像02
    東北各地から選りすぐった日本酒も豊富。1杯700円(税別)から楽しめ、店主一押しの隠し酒もある
  • Washoku 波紋 画像03
    一枚板のカウンターが設えられた店内。テーブル席と6名ほどで使える座敷もある
  • Washoku 波紋 画像04
    冬季限定の「青森県五戸産シャモロックを使ったせり鍋」(1人前・2,000円(税別))

まだまだ伝えたい
東北の魅力

顔写真
子どもの頃から日常の中にあるのに、外食となるとなぜか敷居が高く感じてしまう「日本料理」を、もう一歩身近にしたいと思っております。会社帰りにふらっと。気の合う仲間とカジュアルに。 日常とは一味違う割烹を、どうぞお楽しみください。 (店主/吉田さん)
住所 仙台市青葉区国分町2-8-9 2F
電話番号022-302-5987
営業時間17:00~24:00(最終入店21:00)
定休日日曜(連休の場合は連休最終日休)
駐車場なし
席数24席
目安6,000円
カード
喫煙喫煙可
https://washokuhamon.jimdofree.com/

ページトップへ