仙台朝市商店街

せんだいあさいちしょうてんがい
仙台朝市商店街
アクセスはJR仙台駅より徒歩5分。威勢の良い声が飛び交うメイン通り。専門店ならではのコミュニケーションのやり取りも魅力的だ。購入した商品は宅配便での配送も可能(各店舗による)
市内飲食店から日常の食卓まで
仙台の食を支える台所
 ”仙台の台所”と呼ばれ、仙台市民から70年以上に渡り、親しまれている商店街。
商店街内には、鮮魚・海産物、野菜・果物をはじめ、精肉、惣菜、漬物、穀物、乾物や練り物、生花など、生鮮品から加工品まで、約70店舗の食品小売店が立ち並ぶ。
仙台朝市が誕生した歴史は昭和20年まで遡り、空襲により焼け野原となった仙台駅前に並んだ露店、通称「青空市場」から始まったと言われている。
平成23年の東日本大震災では、被害状況が把握できない最中、震災発生から3日後までに、多くの商店主らが率先して仙台市中央卸売市場などから食材を調達していち早く営業を再開。
物資不足の不安を抱えながら商店街を訪れた市民へ食料品を提供し、復旧を目指す日々の暮らしを支え続けた。
各店舗では、商店主の確かな目利きで仕入れた、地元宮城をはじめ東北各県や全国各地からの食材が取り扱われており、仙台市内の料理人やシェフなど食のプロ達も毎日の様に仕入れに訪れる。
四季を通じて店頭に並ぶ宮城県産食材の一例として、春は宮城県オリジナル品種「もういっこ」などの「仙台いちご」や宮城県産の養殖銀鮭「みやぎサーモン」が。
夏には「仙台長なす」、「ホヤ」や気仙沼の「カツオ」などが販売される。
秋は、塩釜市魚市場に水揚げされた天然メバチマグロ「ひがしもの」、三陸金華山沖で獲れるブランド鯖の「金華さば」、「仙台曲がりネギ」などが登場。
冬には仙台市民の食卓には欠かせない縁起物の年取り魚「なめたがれい」や、三陸沿岸の「牡蠣」、仙台雑煮には必須の「焼きハゼ」、野菜は「仙台雪菜」「仙台白菜」、「仙台せり」など季節の旬が豊富に取りそろう。
  • 仙台朝市商店街 画像01
    店主たちは食に精通したスペシャリストぞろい。おすすめの食べ方をはじめ、商品の目利きの仕方など、食材に関するエピソードを気軽に教えてくれる。
  • 仙台朝市商店街 画像02
    世界三大漁場と呼ばれる三陸沖に面する宮城県。仙台朝市の鮮魚店には、塩釜、気仙沼、石巻、閖上など県内有数の漁港に水揚げされた新鮮な鮮魚が並ぶ。
  • 仙台朝市商店街 画像03
    仙台市をはじめ登米市など、宮城県内の各地域で大切に受け継がれてきた伝統野菜。青果店では伝統野菜を通じて、宮城の食文化を広く伝え続けている。

まだまだ伝えたい
宮城の魅力

顔写真
市民の皆様には“仙台の台所”として、全国から訪れる観光客の方には“仙台の名所”として、仙台朝市は多くの方々から親しまれる市場です。風物詩でもある年末年始のお買い物はもちろん、日々皆様のお越しをお待ちしております。 (仙台朝市商店街振興組合 理事長/入間田博さん)
住所 仙台市青葉区中央3-8-5 新仙台駅前ビル 3F 318号室
電話番号022-262-7173
営業時間8:00~17:00 ※HP参照
定休日日曜、祝日 ※毎月第2日曜は日曜仙台朝市を開催(8:00〜13:00)
駐車場有料駐車場あり
カード各店舗による
https://sendaiasaichi.com/
ページトップへ