佐々木酒造店

ささきしゅぞうてん
佐々木酒造店
「純米酒 宝船 浪の音」を筆頭に、淡麗辛口の「純米酒 閖」、フルーティな飲み口で女性に人気の「純米吟醸 玲瓏」、繊細かつ骨太な「純米大吟醸 蔵の華」など、多彩なラインナップを誇る。
“閖上を醸す”を合言葉に
酒蔵から地域の魅力を発信
 「地酒は地域文化の液体化であり、地域の力水です」。
そう話すのは、佐々木酒造店の佐々木洋専務だ。
閖上の地で明治4年(1871年)に産声を上げ、2021年に創業150年を迎えた佐々木酒造店。
東日本大震災の津波により本社店舗、酒蔵が全壊したが、翌年には前例のない仮設蔵での酒造りを開始し、2019年10月、再び閖上の地に帰ってきた。
「お酒は神様にお供えしたり、祭りやお祝い事で飲まれたりなど、地域の文化を支え、人々を活気づける存在でもあります」と佐々木専務。
地域を元気にし、地域文化を継承したいという想いから、ひたむきに元の地での再建にこだわり続けてきたのだという。
その想いは原料選びにも表れている。
例えば、蔵の代表銘柄である「純米酒 宝船 浪の音」は、原料米に名取・岩沼産のまなむすめを使用。
震災直後に奇跡的に残っていたタンクから汲み出し、販売を始めた「純米酒 閖(ゆり)」には名取産のひとめぼれが使われている。
また、仕込み水に用いているのは、仙台せりの栽培にも利用される名取川の伏流水だ。
どのお酒も、せり鍋や赤貝、北限のしらすといった郷土の味に合うように醸されているのも特徴的。
それらの意図を、「テーマは“閖上を醸す”。
土地、米、水、人。
地域の素晴らしい素材をお酒という形でつなげ、さらに地元の食や文化、ストーリーなどと結んでエリア一帯で価値を生み出し、たくさんの人を呼び寄せられる町にしたいんです」と佐々木専務は語る。
「復興にご支援をいただいた方たちをはじめ、多くの人に『閖上が復興して良かった』と思っていただけるよう、お酒を通して地域の魅力を発信し続けていきます」。
熱い意志が込められた銘酒をぜひ堪能してほしい。
  • 佐々木酒造店 画像01
    南部杜氏の技術を結集した「純米酒 宝船 浪の音」。すっきり辛口ながらも米の豊かな風味が感じられる。杜氏は佐々木専務の弟・淳平さんが担当している。
  • 佐々木酒造店 画像02
    震災前とほぼ同じ場所に再建された本社と販売棟。奥には100年後を見据えて造られた新蔵が立つ。7~9月には蔵の見学も受け入れている(要予約)。
  • 佐々木酒造店 画像03
    お酒のほか、石鹸やお猪口、桝などのオリジナル商品も購入できる販売棟。佐々木専務による復興に関するセミナー(5名以上・要予約)も実施している。
  • 佐々木酒造店 画像04
    販売棟では無料で試飲もできる。閖上港に寄せる“浪の音”を近くに感じられるシチュエーションで、飲み比べを楽しみながら好みのお酒を探してみては。

まだまだ伝えたい
宮城の魅力

顔写真
当店の向かいには名取川沿いに飲食店が軒を連ねる「かわまちてらす閖上」があり、2022年春には名取川を挟んだ地に複合リゾート施設「アクアイグニス仙台」がオープン予定。東北の食の魅力が満載のエリアに、ぜひ足をお運びください。
住所 宮城県名取市閖上中央1-12-3
電話番号022-398-8596
営業時間10:00~17:00
定休日水曜
駐車場5台(その他、かわまちテラス閖上無料駐車場利用可)
カード
http://housen-naminooto.com/
ページトップへ