青森おでん いず良

いずよし
青森おでん いず良
味の染みた自慢の「青森おでん」(720円)。姫竹や大根、玉子などを楽しめる。具材にかけられた生姜味噌が引き締まった味わいを織りなしており、寒い季節にはぴったり。
じゅわっと染みるあの味
生姜味噌たっぷりの青森おでんを求めて
 地元民に愛される郷土の味のひとつに「ご当地おでん」がある。
ここ東北でも名物の練り物やカキの風味などを楽しめる「塩竈おでん」、しょっつるを隠し味にしている「秋田おでん」など、ダシや具材に工夫を凝らしたご当地おでんが知られている。
青森市周辺や津軽地方で愛されている「青森おでん」は、すり下ろしたショウガ入りの味噌ダレで食べるのが特徴だ。
戦後の闇市で生まれたとされる「青森おでん」は、当時、青函連絡船で北海道へ渡るお客さんへ、身体を温めるために提供されていたという。
青森と函館を結んでいた青函連絡船は1988(昭和63)年に終航してしまったが、その頃人々の心と身体を温めた、やさしい味わいの「青森おでん」を仙台の地で楽しめるのが『いず良』だ。
カツオとコンブを中心とする特製のダシで煮こまれた具材は、芯まで旨みが染み入り、噛むたびに美味しさが広がっていく。
味を引き締めているのが秘伝の技が冴えるショウガ味噌。
ショウガのピリリとした辛みがアクセントになっているほか、味噌とともに体をじんわりと温めてくれる。
親方の泉山さんの出身地である青森県田子町産のニンニクを使った、ホクホク食感の「にんにく丸ごと揚げ」、根っこも葉っぱもサクサクの食感を楽しめる「姫にんにく天ぷら」など、ニンニク料理も豊富。
さらに、毎日市場に足を運んで仕入れている魚介を使った「うまづら薄造り」「ひらめ刺身」「あじなめろう」などの旬味も楽しめる。
「そんな大した店じゃないよ。
気取らずに食べて飲んで楽しんで」という親方の気さくな人柄も魅力だ。
  • 青森おでん いず良 画像01
    オリーブオイルのみで仕上げた「にんにくオリーブオイル煮(バケット付)」(720円)。ニンニクのいい香りが食欲を刺激。ホクホクの食感を楽しみたい。
  • 青森おでん いず良 画像02
    カレー塩で食す「姫にんにく天ぷら」(720円)。姫ニンニクは三戸で水耕栽培を行っている農家から直接仕入れ。根っこまで食べられる。
  • 青森おでん いず良 画像03
    旨いと評判の「豊盃」を始め、限定品の「田酒」、三戸の方言で“どんべ”と呼ばれるどぶろくの「どんべり」など青森の地酒を中心に揃えている。
  • 青森おでん いず良 画像04
    2009(平成21)年にオープンし、13年目を迎える。青森県出身者のほか、仙台を本拠地とするプロ野球チームの選手なども来店している。

まだまだ伝えたい
青森の魅力

顔写真
東北には様々な景勝地がありますが、青森県田子町の「みろくの滝」もきれいですよ。ブナの原生林に包まれた神秘の滝で、ちょろちょろと糸を引くように流れることから「ソーメンの滝」とも言われています(店主/泉山昭良さん)
住所 宮城県仙台市宮城野区小田原2-1-26 早坂ビル1F
電話番号022-299-8381
営業時間18:00~24:00
定休日日曜、祝日
駐車場なし
カード不可
ページトップへ